コラム

【2022】クラウンパントってどんなメガネフレーム?メガネ屋店長が解説します!

クラウンパントのメガネやサングラス

メガネやサングラスのフレームを選ぶときにこういったお悩みをお持ちの方いませんか?

  • 「キリッとしたクールすぎるものはちょっと…」
  • 「丸顔の自分には丸すぎるフレームは似合わない」

そういった人にぜひオススメしたいフレームがクラウンパント』!!!

どの輪郭の方でも似合いやすいシェイプですが、種類が少ないのが弱点で、人気フレームのボストンシェイプやウェリントンシェイプの陰に隠れているんです。

今回はスポットが当たりにくい隠れた名フレーム「クラウンパント」について、詳しく、よりわかりやすくご説明していきます。

着用している芸能人やブランドについてもご紹介いたしますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね♪

 


スポンサーリンク


クラウンパントとは

クラウンパントのメガネ

メガネについて詳しくない方だとさっきから「クラウンとかボストンってなんの話??」ってなりますよね。

先ほどからちらっと出てきた「ボストンシェイプ(逆三角形型)」や「ウェリントンシェイプ(逆台形型)」はメガネやサングラスのシェイプ名のことです。

現在は、この2つのフレームが定番な形と言っていいでしょう。

でも今回は、そんな定番型に飽きてきた方にオススメ!王冠のようなフレームの形をした『クラウンパント』について語らせて頂きます。

もともと1950年頃にフランスで大流行したクラウンパントは、フレームの上半分は直線的な形で、下半分は丸みがある、丸メガネの派生モデル。

元がフランスということで、どことなく知的な雰囲気を感じるメガネなんです。

実際に掛けてみると、特徴的な見た目とは裏腹に、なぜかボストンよりも顔なじみがいいのも特徴の一つ。

眉位置(ブロウ)が直線的なので敬遠されがちですが、シンプルなメガネがほしい方にオススメのフレームなのです。

その中でも、クラウンパントを選ぶときのポイントは大きく分けて2つ!、

  • メタルフレームや細リムのセルフレームなら、自然でナチュラルな雰囲気に!(さりげなく他人と差を付けたい方にオススメ)
  • 分厚いセルフレームならヴィンテージ感が強くなって個性を演出!(個性派にオススメ)

この2つを意識して素材や色、ブランドを選ぶことで、お客様自身の好みで楽しんでいただけるフレームなんです♪

 

大人っぽい印象になれるフレーム

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハンカイ(@hankaichan)がシェアした投稿

クラウンパントのような上部が水平になっているフレームは大人っぽさが際立ちます。

とくにクラシカルデザインなクラウンパントだと、ほかのフレームよりも知的な雰囲気に。

セルと金属のハーフリムタイプのフレームや、フレームの幅が薄いリムにカラーレンズを入れてサングラスにするのもいいですね!

これまで「子どもっぽい」「童顔」と周りに言われて気になっていた方は、クラウンパントで子供っぽさを脱却しましょう♪

 

芸能人で掛けているのはだれ?

長々と説明してきましたが、実際見た方がイメージしやすいですよね! 

どの顔のタイプの方でも合うのがクラウンパントですが、ぜひ芸能人の写真を参考に選んでみてください。

 

神木隆之介さんが着用「BJ CLASSIC(BJクラシック)COM-550NT」

BJ CLASSIC(BJクラシック)「COM-550NT C-1-1」を着用した神木隆之介さん

BJ CLASSIC(BJクラシック)「COM-550NT C-1-1」を着用した神木隆之介さん

神木隆之介さんがバラエティ番組「全力!脱力タイムズ」で掛けていたメガネがこちら。

BJ CLASSIC(BJクラシック)の顔なじみの良い「COM-550NT C-1-1」。

子役時代から人気のある神木隆之介さんはかわいいイメージも強いですが、メガネを掛けると大人のカッコよさが出ますね!

クラシカルなフレームなのでスーツにもバッチリ似合っています。

 

BJ CLASSIC(BJクラシック)COM-550NT C-1-1のメガネ

BJ CLASSIC(BJクラシック)COM-550NT C-1-1¥35,200-(税込)

ブラックカラーでも金属とセルのコンビネーションフレームなので暗すぎる印象にならず、おしゃれでシックな雰囲気があります。

左右にあるアメリカの国鳥「白頭鷲の翼」の飾りや、ブリッジとテンプル部分の繊細な彫刻はずっと見ていられるほど美しい造りですよね!

クリングスタイプの鼻パッドは細かな調整ができるようになっており、掛け心地も安心して使っていただけます。

こだわりの詰まったBJクラシックの「COM-550NT C-1-1」は絶対失敗しないメガネです。

ミナミメガネオンラインショップで「BJ CLASSIC(BJクラシック)COM-550NT C-1-1」をチェックしてみる

ミナミメガネオンラインショップで「BJ CLASSIC(BJクラシック)COM-550NT C-1-1」を見てみる

神木隆之介さんの他の着用アイウェアが気になる方は合わせてこちらもチェックしてみて下さい。

参考:神木隆之介さん着用のメガネ特集!

 

乃木坂46山下美月さんが着用「Zparts(ジーパーツ)Z-127」

「Zparts Z-127」を着用した山下美月さん

「Zparts Z-127」を着用した山下美月さん

お昼の情報番組「ヒルナンデス」にて山下美月さんが着用していたZparts(ジーパーツ)の「Z-127」

山下さんの柔らかで可愛らしい雰囲気を崩さず、知的さをプラスしていますが、カッチリしすぎていないところもいいですよね!

小ぶりなシェイプなので山下さんのような小顔の方にもピッタリのフレームです♪

 

Zpartsの「Z-127」Col.BGDのメガネ

Zparts Z-127 Col.BGD ¥28,600-(税込)

茶色のまだら模様のデミカラーとゴールドのフレームは、上品さとナチュラルさを感じられるカラーリングですね。

耳に当たるテンプル部分が華奢でスッキリ見えて、チタン製なので長時間掛けていてもストレスになりにくいんです。

デザインだけじゃなくてメガネとしてもクオリティー高いのが「Zparts」。

ビックリするほど軽量なのでぜひ手に取ってくださいね♪

ミナミメガネオンラインショップで「Zparts Z-127」をチェックしてみる

ミナミメガネオンラインショップで「Zparts Z-127」を見てみる

山下美月さんの他の着用アイウェアが気になる方は合わせてこちらもチェックしてみて下さい。

参考:山下美月さん着用のメガネ特集!

 

おすすめのクラウンパントフレーム

ここからはクラウンパントのフレームをご紹介していきましょう。

素材にこだわったシンプルなものから、遊び心のあるデザイン性に優れたものまで、アイウェアブランドの色や技術が出やすいのがクラウンパント。

今回ご紹介するのは、様々なブランドから人気のクラウンパントのデザインをチェックしていきましょう!

きっとお気に入りのものが見つかると思います♪

 

Filton (フィルトン)

メガネブランド「フィルトン」のブランドロゴ

今、メガネの聖地「鯖江」で色々な業界人の噂になっている「Filton(フィルトン)」

フィルトンは、「眼鏡×美術技法」をコンセプトに、アート作品のように美しいメガネを制作している鯖江製ブランドなんです。

オシャレでありながら、その作りの良さからメガネ業界の人たちも注目している新進気鋭のブランドなので、デザインはもちろん良いものを求めているばっちりマッチすること間違いなしです。

 

Aiguille(エギーユ)01

メガネブランド「filton フィルトン」のAiguille01のクラウンパント

Filton Aiguille01 ¥41,800-(税込)

全体的に極太の生地を使っていることで、フレンチテイスト感のあるフレームになっています。

個性がありながらも可愛らしくコロンとした見た目が男性だけでなく、女性にも人気のモデルです。

ちょっと他と差を付けたい人には、オススメですね♪

ミナミメガネオンラインショップで「 Filton Aiguille01 」をチェックしてみる

ミナミメガネオンラインショップで「 Filton Aiguille01 」を見てみる

Filtonについてのより詳しい記事はこちら

鯖江で作られているメイドインジャパンのアートアイウェア「 Filton(フィルトン)」

 

TOM FORD(トムフォード)

TOMFORD(トムフォード)ブランドアイコン

アパレルやコスメの最先端ハイブランド「TOM FORD(トムフォード)」

アイウェア好きの方は既に知っている方もいると思いますが、実はメガネやサングラスのラインナップもあるんです!!

ブラットピットやダニエル・クレイグなどのハリウッドスターや、日本では木村拓哉さんやL'Arc-en-Ciel(ラルクアンシエル)のhydeさんなども愛用中。

トムフォードのすべてのテンプルにある「Tマーク」が上品で高級感があり、ラグジュアリーな雰囲気を一気に高めてくれます。

一度トムフォードの沼にハマると抜け出せないので、当店でも大人気なブランドです!

海外ブランドでありながら、私たち日本人でもフィットしやすいアジアンフィットモデルも多数展開しています。

 

TF5726-D-B

TOMFORD TF5726-D-Bのサングラス

TOMFORD TF5726-D-B ¥46,200-(税込)

海外ブランドのゴツさはなく、クラシカルなセルフレームで日本人でも掛けやすいデザイン。

最初からブルーライトカットレンズが搭載されているのですぐ伊達メガネとして使用していただくこともできます。

クラウンパントの良さを最大限引き出しているシンプルなフレームは、プライベートはもちろんお仕事用としても違和感なく着用していただけます。

何といってもフロントサイドからテンプルにかけてのゴールドに光る「Tマーク」。

カッコいい…!

メガネを知っている方から見れば一目で「良いもの掛けてる!」と認識されること間違いなし!

無駄のないシンプルなデザインで、ハイクラスな自分を演出しましょう♪

ミナミメガネオンラインショップで「TOMFORD TF5726-D-B」をチェックしてみる

ミナミメガネオンラインショップで「TOMFORD TF5726-D-B」を見てみる

TOMFORD TF5726-D-Bについてのより詳しい記事はこちら

オシャレなクラウンパント「トムフォードのTF5726-D-B」を入荷しました

 

BJ CLASSIC(BJクラシック)

BJクラシックブランドロゴ

メガネの聖地「鯖江」で作り出される最高峰のアイウェア「BJ CLASSIC(BJクラシック)」

熟練の職人が繊細で、丁寧な作業をひとつひとつ積み重ねて作られたメガネやサングラスは、芸能界でもファンが一番多いんです!

日本で作られているものだからこそ高品質で、掛け心地やデザイン性も文句なし。

すべてを兼ね備えたBJクラシックはぜひ1本は持っていただきたいブランドNo.1。

 

PREM-202NT C-2

BJ CLASSIC PREM-202NT C-2のフレームのないメガネ

BJ CLASSIC PREM-202NT C-2 ¥35,200-(税込)

ドラマ「彼女はキレイだった」でジャニーズの中島健人さんが着用した、BJ CLASSIC(BJクラシック)の「PREM-202NT C-2」。

フレームのないツーポイントタイプのメガネですが、これまでのクラウンパントのメガネとまた印象が変わりますよね♪

今回ご紹介するアイウェアのなかで一番聡明な印象が強いフレームなので、ぜひオフィスでかっこよくお使いいただくことをオススメします。

細身のテンプルはスッキリしていて、メガネを掛けているのに掛けていないような軽さで究極の掛け心地のメガネです!!

ミナミメガネオンラインショップで「BJ CLASSIC PREM-202NT C-2」をチェックしてみる

ミナミメガネオンラインショップで「BJ CLASSIC PREM-202NT C-2」を見てみる

中島健人さんの他の着用アイウェアが気になる方は合わせてこちらもチェックしてみて下さい。

参考:中島健人さん着用のメガネ特集!

 

TOKIWA made(トキワメイド)

TOKIWAのブランドロゴ

創業70年の歴史を誇る、確かな技術から繰り出される鯖江産のアイウェアブランド「TOKIWA made(トキワメイド)」。

メガネを熟知した職人たちによって情熱をもって作られたメガネは、精巧で唯一無二のデザインばかり。

もちろんほかの人からどう見えるかも重要ですが、一番は自分に似合う納得できるデザインがあるかどうかがメガネ選びでは大事なポイント。

それを見つけられるのが「TOKIWA made」です。

 

T-1955

TOKIWAmade T-1955 ¥33,000-(税込)

もともとフレームの上半分がカクカクしたデザインのクラウンパントですが、TOKIWAmade(トキワメイド)の「T-1955」は少し丸みを感じられる優しいデザイン。

セルと金属のコンビネーションタイプはメガネの堅い印象を跳ねのけてくれるので、当店でもすごく人気でよく選ばれています。

ブリッジやテンプルの細身の金属部分にあしらわれた彫刻が美しく、どの角度からもかっこよく品を感じます。

さらに写真のようにカラーレンズを入れてサングラスとしてもお洒落になるのでぜひ挑戦してみてください♪

ミナミメガネオンラインショップで「TOKIWAmade T-1955」をチェックしてみる

ミナミメガネオンラインショップで「TOKIWAmade T-1955」を見てみる

 

Mr.Gentleman(ミスタージェントルマン)

Mr.Gentleman(ミスタージェントルマン)ブランドロゴ

日本が誇る世界トップクラスのアイウェアブランド「Mr.Gentleman(ミスタージェントルマン)」

メガネの名産「福井県鯖江市」にて作られ続ける、ハイクオリティーで上質なアイウェアが豊富。

渡部篤郎さんや岡田准一さんが愛用していることで有名ですよね♪

名前の印象で男性がターゲットのブランドかと勘違いされる方もいますが、女性にも人気で掛けていただきたいフレームがたくさんあります!

一度見ると忘れられないデザイン、それがミスタージェントルマン。

 

EDWARD

Mr.Gentleman「EDWARD」のフレーム

Mr.Gentleman EDWARD ¥55,000-(税込)

フロントの内側にセルを巻いた「内セル巻きタイプ」。

あまり見ないフレームですが、上品でとてもキレイですよね!

セルのカラーによって違うデザインにも見えるくらい、印象が変化するフレームです。

ブリッジ部分が特徴的で、4点を溶接することで強度が増すのはもちろん、見た目でもおしゃれ度をアップさせてくれます!

シンプルすぎるものより少しデザインが欲しいものをお探しの方は、ぜひMr.Gentlemanの「EDWARD」がおすすめ。

ミナミメガネオンラインショップで「Mr.Gentleman EDWARD」をチェックしてみる

ミナミメガネオンラインショップで「Mr.Gentleman EDWARD」を見てみる

当店ブログでMr.Gentleman「EDWARD」について詳しく知りたい方はこちら

ミナミメガネのブログでMr.Gentlemanの「EDWARD」を見てみる

 

BOSTON CLUB(ボストンクラブ)

BOSTON CLUB(ボストンクラブ)ブランドロゴ

「NEW TRADITION」をコンセプトに織りなされるBOSTON CLUB(ボストンクラブ)のアイウェアは、クラシカルなものが豊富なブランド。

会社の名前を冠したブランドで、過去のラインナップのメガネを復刻させ更にデザインを探求し、より理想形へと変化し続けています。

現状に満足ぜず職人の探求心と熱量が、ボストンクラブのブランドとしての質を高めてくれている最高峰のアイウェアがたくさん作り出されているんです!

メガネの名産地である鯖江市で作られた、こだわり抜いたアイウェアたちは芸能界でも人気沸騰中!!

 

JIL

BOSTON CLUB「JIL」のサングラス

BOSTON CLUB JIL ¥33,000-(税込)

クラシカルなメタルフレームのクラウンパントのBOSTON CLUB(ボストンクラブ)の「JIL」。

全体的にフレームが華奢なデザインでナチュラルにお顔に馴染むので、さりげなくオシャレを楽しみたい方にオススメ!

フロントサイドからテンプルにかけての細かな彫刻が、鯖江産ならではのデザインが光ります。

落ち着いたゴールドカラーなので、美人度・かっこよさがアップすること間違いなし!

それぞれのお鼻に合わせやすいクリングスタイプの鼻パッドなので、フィット感も抜群です。

ミナミメガネオンラインショップで「BOSTON CLUB JIL」をチェックしてみる

ミナミメガネオンラインショップで「BOSTON CLUB JIL」を見てみる

 

まとめ

種類が少ないと言われるクラウンパントのアイウェアですが、お気に入りのデザインはありましたか?

当店ではこのほかにもご紹介しきれなかったアイウェアブランドがたくさんご用意しております。

ミナミメガネオンラインショップの方でもチェックしていただけますので、ご興味のある方はぜひ覗いていってくださいね♪

ミナミメガネオンラインショップでほかのブランドをチェックしてみる

ミナミメガネオンラインショップを見てみる

 

Ray-Ban×木村拓哉新ブランドキャンペーン着用モデルの情報です!

 

-コラム