メガネのレンズについて

サングラスの「アリアーテ」とは?どういうカラーレンズのことを指すの?

 メガネ業界の定番カラー 「アリアーテ」の意味  について解説します

カラーレンズを探しているとたまに見つかる「アリアーテ」もしくは「アリアーテカラー」という言葉。

ネットで調べてみても説明不足すぎてみなさん混乱していると思います。

で、このアリアーテをざっくりいうと、国内のレンズメーカーが総出で作った「レンズカラーの統一規格」のことです。

一般の方には馴染みがないかもしれませんが、馴染みがないのもまた問題かもしれません。

じつはここ最近になって、お客さまからの指摘があり言葉が浸透していないことに気が付きました。

今までメガネ業界では当たり前に使われていた言葉なので、一般の方が使っていない業界用語だということに気が付いていなかったのです。

ということで今回は、メガネ業界内でよく使われるアリアーテカラーの意味についてご説明していきましょう!

 


スポンサーリンク


アリアーテはレンズメーカーが使う標準カラーのことです

アリアーテカラーの見本

日本レンズ工業のアリアーテカラー:イメージ

NIKONにしても、HOYAにしても、イトーも、セイコーも、各社が出しているカラーレンズにそれぞれアリアーテという名前のカラーラインナップが存在しています。

これが本当に分かりづらいようで、店頭でも質問されたりするんですけど、今回の記事を見ればだいたい理解していただけるかなと。

よくSNSで、「HOYAのアリアーテを入荷しましたー!」みたいな同業者の触れ込みを見たりしますが、HOYAのカラーレンズにアリアーテというシリーズがあるわけじゃない、ということです。

ざっくりいうとアリアーテは、各社が共通で使っているカラーのことです。

もちろん染色は各社でおこないますが、色見本として使われているんですよね。

また、メガネ業界ではアリアーテ、アリアーテカラー、どちらの名前でも呼びますが意味は同じです。

 

アリアーテカラーはどういう意味?

アリアーテのカラーラインナップ

アリアーテのカラーラインナップ

先ほどもいいましたが、アリアーテカラーというのは「メガネ業界におけるレンズカラーの統一規格」のことです。

(※アリアーテとはスペイン語で「花壇」という意味があって、アリアーテのカラーを花壇に咲く花に見立てているようです)

つまり、一般のメガネ店で売られているほとんどのカラーレンズにはアリアーテ上の名前があって、各メーカー間で同じ色を出すことができるのです。

いま現在、HOYAのグレー50Fをつけていて、伊藤光学のグレー50Fに乗り換える、みたいなときに混乱しなくてすむんですよね。

メーカーごとのレンズ素材や染色方法が変わるため多少の誤差はでますが、色の方向性は同じなので注文が楽になります。

ちなみに当店では、フェアオークルはオークル、グロウプラムはプラム、のように頭のシリーズ名を外して名前を呼ぶことが多いです。

 

アリアーテはすべてのメガネ屋が使う共通規格

同じブラウンカラーでも種類がたくさん

一般のお客さまに共通規格といっても意味がわからないと思うので、例を作ってみました。

上の図はWEB配色ツールから適当にブラウンを抜き出しています。(※メガネのレンズカラーとは違うのですが分かりやすい例で出しました)

こうして並べてみると一口に同じブラウンと言ってもかなり違いがあるのがわかってもらえると思います。

もちろんブラウンだけじゃなくて、グリーン、パープル、ブルーなど、すべてのカラーにおいてこのような色の差というのは存在しているのです。

つまり、アリアーテのような共通規格が生まれる前はメーカーごとに作っている色の差があったんですよね。

今ではアリアーテのカラーをベースに考えることができるため、お客様との意思の疎通も楽になっています。

 

色を決めているのはオプティカルカラー協会

2003年に有名レンズ・フレームメーカーが集まって共同開発されたアリアーテカラー。

適当に決めているわけではなく、「オプティカルカラー協会」が代表になって色を決めています。

  • 株式会社アサヒオプティカル
  • 伊藤光学工業株式会社
  • 株式会社イトーレンズ
  • カールツァイスビジョンジャパン株式会社
  • 昭和光学株式会社
  • セイコーオプティカルプロダクツ株式会社
  • 東海光学株式会社
  • 株式会社ニコン・エシロール
  • 株式会社ニデック
  • 日本レンズ工業株式会社
  • HOYAビジョンケアカンパニー

オプティカルカラー協会には、上記の国内主力メーカーが参加しています。

よくこんなの作れたよねっていうぐらい国内大手レンズメーカーが総出で参加している、ものすごい協会だったりします。

ちなみに理事長は東海光学の社長 古澤さんです。

 

どこのメーカーでも通用します

アリアーテカラーに参加している企業は前述の通りですが、じつはどこのメーカーでも大体アリアーテといえば通用します。

それぐらいアイウェア業界に浸透している言葉なんですよね。

ということで、アリアーテの意味を覚えておけば色んな場面で役に立つときが来るかもしれません。

余談ですが、カラーサンプルがどこの店にも1つはあるので、アリアーテの色名については覚えなくても全然OKです。

 

さらに進化するアリアーテカラー

アリアーテトレスのロゴ

サングラスのカラーには流行があるので、メーカーも共通規格としてのアリアーテを作りっぱなしにしてしまうと死活問題になります。

ということで、2009年に「ニューアリアーテ」、2015年には「アリアーテ トレス」としてレンズカラーが更新されています。

また、アリアーテ トレスという名前ですが、トレスはスペイン語で「3」、つまり3番目のアリアーテということ。

じゃあニューアリアーテのときも、ニューじゃなくてウノ(スペイン語で2)でいいじゃないって思うかもしれませんが、そういうものだと思って笑って見逃してください。

たぶん次がそろそろ出る頃合いなので、クアトロ(スペイン語で4)にも期待しておきましょう!

 

アリアーテカラーは更新があるので注意!

ずっと使える共通規格として生み出されたアリアーテですが、ニューアリアーテ、アリアーテトレス、と新しいレンズカラーに更新されるたびにカラー名も更新されていきます。

ただ、もし過去に使っていたお気に入りのレンズカラーがなくなってしまっていた場合でも、再度手に入れることができる可能性は高いです。

大人の事情もあって詳細は書きませんけど、メーカーに在庫が残っていたりするので、お近くのメガネ店で相談してみてください。

 

アリアーテ トレスのカラーラインナップ

アリアーテトレス

アリアーテ トレス(arriate tr3s)のテーマは「トーン」です。

肌の色に合わせたカラーラインナップが中心になっていますが、アリアーテのシリーズ化されているものに関しては一例だと思って大丈夫です。

いろんなシリーズが並んで難しそうに感じてしまうかもしれませんが、濃度別のカラーにそれっぽい用途を当てているだけでベースになる色は下記のとおり。

  • 基本カラー:12色
  • スパーキーカラー:2色
  • サングラスカラー:3色

と覚えておくといいです。

シリーズ名についている「F」はフルカラーのFで、「G」はグラデーションのGになります。

国内大手メーカーが参加しているだけあって、レンズカラーはどれも洗練されていて、使用場面のイメージが湧きやすいかと思います。

 

Sheer F(シアーF)

アリアーテカラーのシアーF

シアーFは、大雑把にいうと濃度10%(視感透過率90%)の基本カラー12色をまとめたシリーズです

ほぼ色の付いていないクリアに近いレンズなので、肌馴染みがよく、明るい表情に見えるのが特徴。

メーカーにもよりますが、ほぼすべてのレンズがこのぐらいの薄さでもUV100%カットなので使える場面は多いと思います。

 

<カラーの詳細説明>

透明のベール、シアートーン。
表情が透けてみえるほどにさり気なく。

アリアーテカラーのシアーFイメージ

淡くピュアな色彩とレンズのクリア感が重なったとき、ベールをまとったようにふわりとしたニュアンスカラーが生まれます。
ノイズのない静かな景色、澄んだ水や空気、光をイメージさせるどこまでも透明感のあるトーンです。

 

Natural F(ナチュラルF)

アリアーテカラーのナチュラルF

ナチュラルFは、大雑把にいうと濃度15%(視感透過率85%)の基本カラー12色をまとめたシリーズです

順番的にはここにナチュラルGが来るのですが、ナチュラルFが先に来たほうがわかりやすいと思って先に紹介します。

さきほど紹介したシアーFとの違いは濃度(15%になった)だけ。

実際に店頭で注文するときは「ナチュラルFのフェアブラウンをください」よりも、「フェアブラウンの15%をください」のほうが伝わりやすいかもしれません。

 

<カラーの詳細説明>

肌に凛と映える、ナチュラルフルカラー。
モードな表情を生みだします。

アリアーテカラーのナチュラルFのイメージ

フルカラーによってナチュラルな中にも凛とした色彩の個性が際立つ、ナチュラルアクセントの効果があります。
ファッションカラーとして男女問わずスタイルッシュに主張。
新設15FのFはフルカラーの意味であると同時にfashionのF、モードな表情が生まれるトーンです。

 

Natural G

アリアーテカラーのナチュラルG

ナチュラルGは、濃度15%(視感透過率85%)のグラデーションカラーをまとめたシリーズです。

ちょうどこのぐらいのレンズ濃度からグラデーションが薄っすら確認できるようになりますね。

色の薄いグラデーションはフレームを選ぶ上に使いどころが難しいため、見た目以上に上級者向きのカラーです。

使いこなせば誰にも真似のできないファッションが楽しめます。

 

<カラーの詳細説明>

肌に自然に溶けこむ、ナチュラルグラデーション。
美しく目もとの表情を彩ります。

アリアーテカラーのシアーFイメージ

繊細なグラデーションによって肌色と共鳴しあう色彩が、自然な陰影のある美しい目もとをアピールします。
ナチュラルメイクや補正効果のあるビューティカラーの役割も果たす絶妙な彩り。
ナチュラルに洗練された表情へと導くトーンです。

 

 

Rich G(リッチG)

アリアーテカラーのリッチGシリーズ

リッチGは、濃度25%(視感透過率85%)のグラデーションカラーをまとめたシリーズです。

目元だけに印象をつけるならもう少し濃いほうが使いやすいかもしれませんが、肌のトーンに合わせるとグラデーションは馴染みよく顔全体の印象がよくなりますね。

また、グラデーションのおかげで夜間ドライブにも使いやすいという最大のメリットがあります。

(※夜間の運転・路上使用で視感透過率75%未満のレンズは使用禁止なので気をつけてください)

 

<カラーの詳細説明>

表情豊かに彩る、リッチグラデーション。
ドラマティックに演出します。

アリアーテカラーのリッチGイメージ

グラデーションが生む深い陰影の中に、色彩の揺るぎない強さを印象づけます。
高い補整効果があり、ビューティーにも、ファッションにも確かな存在感を演出。
ビターリッチ、スイートリッチ、クールリッチ・・・インパクトのある深い基調色が魅惑的なトーンです。

 

アリアーテカラーの注意点

大手メーカーが集まって作られたカラー規格のアリアーテですが、今では色んなレンズメーカーも普通に使っています。

つまり、「アリアーテカラーのレンズといっても良いものばかりではなくなってきている」ということです。

評判の良くないメーカー製レンズの大きなデメリットといえば、本当はUVカットされていない、割れやすい素材、コーティングがすぐ剥がれる、レンズが目視でもわかるほど歪んでいる、など様々。

目は一生物ですので、アリアーテかどうかじゃなく、メーカーでレンズを選ぶようにして欲しいです。色は規格で統一されていますしね。

前述したオプティカル協会に所属しているメーカーであれば間違いはないでしょう。

 

まとめ

今まで調べてもよくわからなかったというお客さまのために、アリアーテの詳細についてまとめました。

アリアーテという名前が独特なおかげで、どこかのレンズブランド名のように感じてしまいますから、「アイウェア規格のカラーレンズ比較表」みたいな名前にしてくれればいいんですけどね。

あと、メガネ業界は長く勤められている方ばかりなので、アリアーテのように当たり前に使われているものに関してはわざわざ説明するのをめんどくさがってしまうケースもあると思います。

なので、こういった業界内の通例について、情報の整理を少しづつ進めていきたいと思っています。

 

 

Ray-Ban×木村拓哉新ブランドキャンペーン着用モデルの情報です!

 

-メガネのレンズについて