088-873-3315

Persol(ペルソール)

高知でイタリアのアイウェアブランド『Persol(ペルソール)』の正規取扱店になります。

投稿日:

こんにちは
高知でこだわりのアイウェアをお取扱いする『ミナミメガネ』の店長 南です。

今日は、世界のセレブに愛用される、『Persol(ペルソール)』のアイウェアのご紹介をさせて頂きます。

当店は、高知で、『Persol(ペルソール)』の正規取扱店になっておりますので、お気軽にご試着にご来店下さいませ。
(下記でご説明させて頂きますが、当店のペルソールは日本人にも掛けやすいように、お鼻当てが高くなっているアジアンフィットになっております。)

 

Persol(ペルソール)について

Persol(ペルソール)はイタリアのアイウェアブランド。
ブランド名はイタリア語でPer il Sol、英語でFor the Sun「太陽のため」を語源としている。

1917年、イタリアはトリノの写真家でありベリー眼鏡店のオーナーであったジュゼッペ・ラッティは掛け心地や強度、良好な視界を研究し操縦士やレーサーのための眼鏡を作り始めました。
これがペルソールの世界的な成功の第一歩です。
プロテクターと名付けられたバンドで頭に固定されるゴーグルはイタリア軍に採用され、1924年には14もの国際的な特許を取得し、スイス軍からも採用されることになります。

1930年代後半には現在でもペルソールの基本要素となっている世界初の曲がるテンプル メフレクト(Meflecto)が導入されます。それはステンレス芯が通ったナイロンとメタルのシリンダーを埋め込んで曲がりやすくなったテンプルが、どんな顔の形状にもフィットし心地よさを与えられえるように開発され、この技術の特許も取得しています。

その他にも、世界で初めて、サングラスに強化ガラスやUVカットレンズを採用しました。
長い歴史をもつペルソールは、現在でも著名人だけでなく、イタリアに行けば、老若問わずサングラスは約3割がペルソールという現実があるのです。

 

RayBan(レイバン)のライバルと言われるPersol(ペルソール)

サングラスに少しでも興味があれば、誰もが知っている2大ブランドがあります。
それがアメリカの『レイバン』とイタリアの『ペルソール』。
ほとんど同年代に設立され、光学技術もフレーム技術も極めつくし、それぞれアメリカと欧州で王者と呼ぶにふさわしいブランドとなりました。

『ペルソール』は、欧州のセレブに愛用されており、さらにアメリカにも浸透。
スティーブ・マックイーンをはじめ映画俳優の使用例が多く、『レイバン』と並ぶ知名度で世界中に知られています。

日本ではペルソールのアイウェアの入荷や取扱店が少なく、RayBanの知名度が高いですが、本物のサングラスを語るならばペルソールは外せないブランドなのです。

 

Persol(ペルソール)の魅力であるアイコンの矢(シルバーアロー)

ペルソールの大きな魅力が、ほとんどのペルソールアイウェアのフロントに施されている矢(シルバーアロー)
一目で美しいペルソールのアイウェアだという事が分かります。

persol-arrow

古代戦士の剣からインスパイアされたペルソールのアイコン“矢(シルバーアロー)の装飾。
創業者ラッティの閃きにより生まれたこのデザイン&機能は瞬く間に世界の国々で特許を認められます。
テンプルに柔軟性を持たせる機能の一部でありながらその美しいデザインはペルソールを世界的に有名にされることになりました。

 

Persol(ペルソール)の代表サングラス 649& 折りたたみ式714

ペルソールの代表サングラスモデル649 ¥30,000-(税別)

persol-649

1957年トリノ、風と埃を防ぐ必要があった市電の運転手の為に考案された“モデル649”が誕生しました。この649は何年ものあいだ、数々のコンペティターに模倣され続けておりサングラスとしては大成功をおさめているモデルである。

1961年にマルチェロ・マストロヤンニが映画「イタリア風離婚協奏曲」の中で着用したことで最も有名なサングラスの一つになりました。60年代は操縦士、スポーツ選手だけでなく、グレタ・ガルボやスティーブマックイーンのような、演劇界のスター達がペルソールをチョイスするようになり、時の著名人に愛用されるようになりました。

そして現代でも多くの銀幕スター達がこのモデルを愛用しており、常にペルソールのトップセラーで在り続けています。

 

649を折りたたみ式に改良した新モデル 714 ¥35,000-(税別)

スティーブ・マックイーン氏が映画『華麗なる賭け』でかけ、さらにはプライベートでも愛用したことで知られるのが、この714シリーズ。
映画「カクテル」では、トム・クルーズが、そして、映画「007 カジノロワイヤル」ではダニエル・クレイグが着用しているサングラスとしても有名です。
ブリッジと弦に入った金属のバーとアセテートの切れ目がフィット感を高める「メフレクト構造」素材に拘り、フロントからサイドに輝く「シルバーアロー」のアイコンなど細部に渡る丁寧な作りは圧巻です。
FOLDING(フォールディング)の折りたたみ式ですので、コンパクトに折りたたみ、持ち運ぶことも可能です。

 

Persol(ペルソール)の中で当店人気ベスト3!

上記で紹介した649と714は、すでに当店でも殿堂入りの人気アイウェアなのですが、ペルソールには、他にも魅力的なアイウェアがたくさんございます。

その中でも当店人気ベスト3をご紹介させていただきます。

 

第3位 3189-V ¥28,000-(税別) 

persol-3189-v日本人好みのスッキリしたデザインで、そのようなファッションにも合わせ易く、日常使いにばっちりのフレームになっております。
長く愛用できる一本として選ばれる方が多いです。

 

第2位 3105-S ¥32,000-(税別)

persol-3105-s

無骨な印象のあるブロータイプを、角の丸いレンズシェイプで柔らかな雰囲気にする事で、男女共におすすめのサングラスです。
ちょっとクラシカルなサングラスをお探しの方にオススメです。

 

第1位 3166-S Calligrapher Edition ¥32,000-(税別)

persol-3166-s

当店人気ナンバー1は、こちらのフレーム!
プラスチックのフレームにメタル素材を組み合わせた、今流行のコンビネーションモデルです。

人気のボストンシェイプで2018年の新作でも新しいカラーリングでブルーグラデーションレンズのモデルも発表されました。

敏感に流行を感じる方にはおすすめの一本となっております。

 

ミナミメガネでは、Persol(ペルソール)をアジアンフィットにしております。

ペルソールは、イタリア製になるので、今まで海外ブランドをご購入された方はご存知かもしれませんが、鼻当てがワールドフィットモデルになっており、アジア人の鼻には掛かりずらく、ずれ落ちてきたりする事が多いです。

persol-hananasi

こちらのお写真の様に鼻にでっぱりがありません。

ですが、当店では、専門店ならではの技術で、お鼻当てをアジア人向けに高いアジアンフィットモデルに鼻盛り加工しております。

そしてミナミメガネのペルソールに関しては販売の時点から鼻盛りをしておりますので、一切追加料金を頂いておりません!
(通常他のフレームなどでは、鼻盛り加工には別注料金がかかります。)

このように鼻のでっぱりを高くする事で日本人でも掛けやすくペルソール本来のデザインも崩さずにお洒落にペルソールを掛けることが出来ます。
今まで、ペルソールはイタリア製だから、掛けずらそう、、、と思っていた皆様、是非ミナミメガネのペルソールを試着して見て下さいませ。

イタリア製でありながら、掛けやすさが抜群です!
(ご希望の方は追加料金でクリングスタイプに変更も可能です。)

 

ミナミメガネは、高知でPersol(ペルソール)の正規取扱店

persol-zentai

ミナミメガネでは、ペルソールの新作展示会などに足を運び新作なども積極的に入荷しております。

まだまだ日本では、発表されている型は少ないですが、その中でも多くのペルソールを入荷して、展示しておりますのでペルソールをお探しの方は是非当店へお越しくださいませ。

新作入荷時には、ブログにアップしていきますので、是非チェックして見て下さいませ。

Persol(ペルソール)ブログ

レイバンも数多くお取扱いしておりますので、是非当店で、アメリカのレイバン、イタリアのペルソールを掛け比べて下さいませ。

Ray-Ban(レイバン)ブログ

-Persol(ペルソール)

Copyright© ミナミメガネ , 2018 All Rights Reserved.