BOSTON CLUB(ボストンクラブ)

ボストンクラブのCHUCK(チャック)は、クラシカルなクラウンパントメガネで個性が光るんです!

ボストンクラブのサングラス「チャック」

ラインナップが少ない王冠のような形のクラウンパントシェイプ。

「探しているけど好きなデザインが見つからない」という方、ビックニュースです!

クラシカルな太リムのクラウンパントシェイプ『CHUCK(チャック)』がボストンクラブから登場しました!!

じつはいいとこ取りのアイウェアで、存在感のある個性的なデザインですがクラウンパントの知的な雰囲気もあるんです。

このチャックが作られるボストンクラブは、メガネの聖地「鯖江」で培われた熟練の技がつめ込まれています。

見た目だけでなく、掛け心地にも抜かりがないのがメイドインジャパンの技術!

今回、細部まで徹底的におしゃれのヒミツを解剖していきますので、ぜひ最後まで読んでくださいね♪

ボストンクラブのCHUCKを当店オンラインショップで見てみる
CHUCKを見てみる

アイウェアブランド「BOSTON CLUB」が気になる方はこちらからどうぞ
ボストンクラブのブログを見る

 


スポンサーリンク


ボストンクラブって?

ボストンクラブブランドロゴ

国内で作られるメガネのほとんどが福井県鯖江市で作られ、「鯖江産」のアイウェアが増えてきていますよね。

その中でもトップクラスのデザイン性がある「BOSTON CLUB(ボストンクラブ)」。

「NEW TRADITION」をコンセプトに展開されるボストンクラブのアイウェアは、今っぽいのにクラシカルな要素もあるデザインが豊富なブランドです。

ジャポニズムやべセペセも同社で人気を博しておりますが、社名を冠した新ブランド「ボストンクラブ」を設立したことでさらに人気アイウェアブランドへと昇り詰めました。

過去のデザインをリデザインし、より理想の形へと変化し続けているんです。

どこか懐かしさを感じるのに古臭くなく、むしろ新しいと感じさせるデザイン性の良さは芸能人やセレブにも人気でSNS等でも話題に!

さらに、日本人の骨格を知り尽くした鯖江の職人たちが作りだすアイウェアは、掛け心地にもこだわりがあり計算し尽くされています。

ぜひ実際見て、その細かな技術が光るボストンクラブのアイウェアを肌で感じていただきたいです♪

 

CHUCKを細かく見たい!

そんなボストンクラブから新しく展開される『CHUCK(チャック)』はどんなメガネなんでしょうか?

実際の写真を見ながら、ボストンクラブのこだわりをわかりやすくお伝えしますので、じっくり見てみてください。

 

フロントデザイン

ボストンクラブ「CHUCK(チャック)」のフロント

フロントデザイン

存在感のある太めのリムにはサイドに光るシルバーのアイコンがあり、これだけで垢抜けた印象になります。

鍵穴に似ているキーホールブリッジは、ヴィンテージ感のあるデザインですよね♪

そして個性的な形の王冠のような形のクラウンパントですが、この形は掛けて見ると案外馴染みやすいシェイプでもあるんです!

上の部分はカクカクしていますが、下は丸みがあるのでキツい印象にならないのもポイント。

 

テンプル

ボストンクラブ「CHUCK(チャック)」のテンプル

テンプル

「掛け心地がいい」のは当たり前の鯖江産。

フロントから流れるような曲線を描くテンプルにもこだわりが詰まっています。

しっかり安定感のある太いテンプルには、シルバーの彫金がありここにコンセプトとして掲げられている「NEW TRADITION」を感じるデザイン。

 

網代紋様(アジロモンヨウ)が施されたテンプルの彫金

テンプルの彫金部分

この彫金のデザインは伝統工芸で用いられている網代紋様(アジロモンヨウ)を取り入れられ、ボストンクラブのこれまでの歴史とそれを形にできる職人の技術を見ることができます。

シルバーなのでかっこ良さも感じますし、知的な雰囲気もグッと上がりますね!

 

キザミ加工されたテンプルの内側

さらに!

テンプルエンドの内側には滑りにくくなるキザミ可能が施されています。

このひと工夫で掛け心地が段違いになりますが、細かな部分も手を抜かないメイドインジャパンの凄さを感じます。

 

鼻パッド

ボストンクラブ「CHUCK(チャック)」の鼻パッド

鼻パッド部分

鼻パッドの素材まで気にしたことありますか?

こだわる方は少ないように思いますが、どんな素材のものかで使い心地が違うので、注目してみてください。

今回ご紹介する「CHUCK」には、プラスチック素材の鼻パッドを使用されています。

シリコンタイプに比べて劣化しにくく、汚れも付きにくいです。

特に女性の方はファンデーションが付きにくいというのもメリットのひとつですね♪

 

カラーバリエーション

さて、機能面やデザインにも優れた『CHUCK』ですが、カラーラインナップはどんなものがあるか気になりますね!

ベーシックな色味の展開なので、どちらを選んでも間違いない色です。

写真と合わせてチェックしていきましょう♪

 

ブラック

ボストンクラブ「CHUCK(チャック)」のブラックのメガネ

BOSTON CLUB「CHUCK(チャック)」Col.01 BLACK ¥31,900-(税込)

王道カラーのブラックは、シルバーのアイコンや彫金が映える色味で男女ともに人気カラーです。

くっきりとした色なので、お顔の印象を強くしたい方やおしゃれメガネとしてのアイテム感が欲しい方にはとくにオススメ!!

艶のあるブラックなので、黒なのに重すぎる印象もなくお使いいただけます。

CHUCK(チャック)のブラックを当店オンラインショップで見てみる
オンラインショップはこちらから

 

ブラウンササ

BOSTON CLUB「CHUCK(チャック)」ブラウンササのメガネ

BOSTON CLUB「CHUCK(チャック)」Col.02 BROWNSASA ¥31,900-(税込)

ファッションに馴染みやすいブラウンカラーは、ブラックに比べて柔らかい印象になります。

カジュアルになりやすい茶系ですが、落ち着いた色味なので派手になりすぎず肌にも馴染みやすいです。

女性にも人気のあるチャックのブラウンは、SNS映えすること間違いなしのカラー!!

CHUCK(チャック)のブラウンササを当店オンラインショップで見てみる
オンラインショップはこちらから

 

サングラスバージョンもおすすめ

じつはサングラスバージョンのチャックもあるんです。

カラーレンズが入るだけで印象がガラッと変わりますが、とくに目が透けるくらいの薄いカラーレンズがいまのトレンド。

眩しさも抑えることができるので、ドライブ好きの方やアウトドア派の方は要チェックです!

 

ブラック×ライトブラウン

BOSTON CLUB「CHUCK(チャック)」サングラス

BOSTON CLUB「CHUCK(チャック)」サングラス Col.01 ¥34,100-(税込)

カチッとした印象が強いブラックですが、ブラウンのサングラスにすることで柔らかく一気にオシャレになりますね。

ブラウンのカラーレンズはコントラストをはっきりとさせる効果もあり、アウトドア好きの方にもオススメしたいカラーリング。

はじめてサングラスを購入される方はこちらがオーソドックスで掛けやすいサングラスです。

肌馴染みの良いブラウンカラーレンズで、ほかの人とはひと味違うおしゃれな掛けこなしをしたい方はこの色にしましょう!

CHUCK(チャック)のブラック×ライトブラウンのサングラスをもっと見たい!
ミナミメガネのオンラインショップでチェックする

 

ブラウンササ×ライトグリーン

BOSTON CLUB「CHUCK(チャック)」ライトグリーンサングラス

BOSTON CLUB「CHUCK(チャック)」サングラス Col.02 ¥34,100-(税込)

目元を明るく見せてくれるライトグリーンとブラウンササのフレーム。

ほどよく光を抑えつつも、自然な見え方をかなえてくれる色味でいいバランスのサングラスです。

「緑は個性的になるんじゃ…?」と不安になる方も多いかと思いますが、掛けてみると案外不自然にならないのがライトグリーン!

サングラスはいくつか持っている方はぜひこちらに挑戦していただきたいです♪

CHUCK(チャック)のブラウンササ×ライトグリーンのサングラスをもっと見たい!
ミナミメガネのオンラインショップでチェックする

 

まとめ

人とは違うデザインなのに顔なじみの良いチャック、いかがでしたか?

「細かな技術が光る鯖江でつくられる機能性バツグン、デザインも最高峰のチャックは当店に来店されたお客様にも入荷した当初から人気を集めています。

当店オンラインショップでも細かくチェックしていただけますので、気になる方はぜひそちらも見てみてください。

ボストンクラブのCHUCKを当店オンラインショップで見てみる
CHUCKを見てみる

アイウェアブランド「BOSTON CLUB」が気になる方はこちらからどうぞ
ボストンクラブのブログを見る

 

Ray-Ban×木村拓哉新ブランドキャンペーン着用モデルの情報です!

 

-BOSTON CLUB(ボストンクラブ)