Ray-Ban(レイバン)

【徹底比較!】レイバンの名作「ウェイファーラー」と「ニューウェイファーラー」ってどう違うの?

ウェイファーラーとニューウェイファーラーの違い

レイバンのサングラスといえば、「ウェイファーラー」と言われるほど、ブランドを代表するアイコニックな名作として知られています。

ですが、ウェイファーラー(WAYFARER)の後に、ニューウェイファーラー(NEW WAYFARER)という新しいモデルが出てきました。

これにより当店でも多くのお客様から

「名前もほぼ同じだし、シェイプも似たようなものでしょ?」

とよく聞かれます。

ですが、実際に手にとって見ると意外と違うんです!

ざっくりいうと、

  • ニューウェイファーラーの方が現代っぽくシャープ
  • 無印ウェイファーラーは大きめに出来ていてクラシカル

人によって感じ方の差はありますが、上記のようなイメージでいいと思います。

芸能人でいえば、ファッション系はウェイファーラー、スポーティ系はニューウェイファーラー、をそれぞれよく好んで掛けられています。

とはいえ、言葉にするとニュアンスが分かりづらいため、今回は画像などで徹底的に比較、解説していきましょう。

 


スポンサーリンク


ウェイファーラー?ニューウェイファーラー?どっちがカッコいいの?

ウェイファーラーとニューウェイファーラーの比較

左:ウェイファーラー 右:ニューウェイファーラー

画像で検証する前に、一つだけ言わせてください。

この2点で迷っているとよくお客様に聞かれるのですが、迷ったときは使い道、

  • ファッションで使うときは大きくてアイテム感のあるウェイファーラー
  • ドライブや釣り、バイクなどで使うときはスリムでバランスの良いニューウェイファーラー

このように選んでしまってもいいと思います。

また、いざ最初の一本を買ってしまえば、半年以内になぜか数種類揃ってしまうのがレイバン沼

悩んでいるなら気にせずに欲しい方を買ってしまっても大丈夫です。

 

ウェイファーラーとニューウェイファーラーを画像で比べてみよう

今回は両者とも定番サイズで比較していきます。

この他に当店のブランドで、もし大きさを知りたいものがあればお気軽にお問い合わせください。

 

正面から

Ray-Ban(レイバン) のWAYFARER「RB2140-F」のサングラス

Ray-Ban(レイバン) WAYFARER RB2140-F ¥16,786-~

ウェイファーラーは、大きめのウェリントンシェイプ。

サングラスを掛けたことがない人でも、サングラスといえばこの形、というぐらい定番ですね。

フレームのフチも太く主張があり、この形を見たらレイバンのサングラスだ!と言われるぐらい有名なデザインです。

少しフロントの両端をキリッとあがっていて、セレブリティな雰囲気にしてくれるので、しっかりアイテム感があるサングラスをお探しの方にオススメです。

 

Ray-Ban(レイバン) NEW WAYFARERの「RB2132-F」

Ray-Ban(レイバン) NEW WAYFARER RB2132-F ¥15,631-~

一方でニューウェイファーラーは、横長で丸みのあるウェリントンレンズになっています。

ウェイファーラーよりレンズの縦幅が細くなっている分、すっきりとしてシャープでかっこいい印象にしてくれます。

デザイン的にも、ニューウェイファーラーの方がウェイファーラーよりスポーティな雰囲気を感じますね。

かっこよくクールな雰囲気にしたい方にオススメです。

 

側面から

横から見たテンプルの太さは、正直ほとんど一緒になっています。

ですが、側面もよくよく比較していくと細かな違いがあります。

WAYFARERのテンプルのロゴ部分

WAYFARER ロゴ部分

「Ray-Ban」のロゴ部分がウェイファーラーの方は、より立体的で文字が浮き出ており高級感がありますね。

 

NEW WAYFARERのテンプルにあるブランドロゴ部分

NEW WAYFARER ロゴ部分

ニューウェイファーラーのロゴ部分は、埋め込まれたようなデザインでテンプル全体がシャープに見えます。

サングラスを掛けたときにちらっと見える部分に細かな違いがあるのも嬉しいポイントですよね。

 

NEW WAYFARERとWAYFARERのテンプルの違い

テンプル側面 左側:NEW WAYFARER 右側:WAYFARER

さらに、耳に当たる曲線部分(モダン)がウェイファーラーは調整ができるタイプで自由自在に曲げることができます。

自分の好みのかけ心地に調整したい方は、ウェイファーラーがオススメです。

ニューウェイファーラーの方はストレートで挟み込むようなかけ心地なので、着脱しやすく、室内と屋外を行き来するときに最適です。

軽くて耳への負担を気にする方は、ニューウェイファーラーを選んでいただくといいかもしれませんね。

 

重さ

ウェイファーラーの重さ

WAYFARER 重量

ウェイファーラーの重量は約48gほどですが、前述した通り耳に当たる部分がしっかりカーブしているので重みでずれ落ちる心配はありません。

このズシっとした重みが高級感がある感じがしていいですよね。

 

ニューウェイファーラーの重さ

NEW WAYFARER 重量

ニューウェイファーラーの重量は約40gほどで、ウェイファーラーと比較すると軽く軽量になっています。

あまり重さを感じたくない人や、メガネの跡が気になるという方は軽めなニューウェイファーラーを選択してもいいですね。

 

サイズを細かくチェック

ウェイファーラーとニューウェイファーラーのサイズを細かく比較してみましょう。

ウェイファーラーとニューウェイファーラーのサイズ比較

細かく数字でみると、ちょっとずつ仕様の違いが分かりますね。

お手持ちのメガネやサングラスと比べてみて、どのような感じかイメージをして貰ってもいいかもしれません。

 

着用写真で比較してみた

これまで商品の写真が続きましたが、次は実際に着用した写真で両者を見比べてみましょう。

ウェイファーラー

ウェイファーラー着用画像

個人差はありますが、ウェイファーラーは眉毛の真下辺りにフレームがきます。小顔効果も強め。

くっきりした太めのリムでアイテム感があり、セレブリティな印象を醸し出してくれるので、どこから見てもかっこよくリッチな大人の印象になります。

木村拓哉さんも日曜劇場「グランメゾン東京」で着用していたり、プライベートでも掛けています。

ほかにもたくさんの芸能人の方が愛用していて、不動の人気を誇っています。

鉄板のサングラスが欲しい方はウェイファーラーを選ぶといいですね♪

 

ニューウェイファーラー

ニューウェイファーラーの着用画像

ニューウェイファーラーは着用したときにしっかり眉毛が見えるようなデザインで、今っぽくてトレンド感満載になります。

夏場サングラスをかける時間が長いときでもストレスを感じにくいシェイプ。

ウェイファーラーに比べるとリムは細くなりますが、こちらも存在感があるもののくどくならならず、女性でも全体的にバランスがよくオシャレ印象になります。

また、ブリッジは狭めで鼻にしっかり当たるため、日本人の控え目な鼻でもフィットしやすいですね。

ニューウェイファーラーを着用している芸能人として格闘家の朝倉未来さんなどが有名です。

 

まとめ

このようにシェイプは似ていても、ウェイファーラーは大きめ、ニューウェイファーラーは小さめ、という特徴があります。

同じコンセプトであるものの、”ニュー”ウェイファーラーは新しいだけあって現代的なデザインで、名作のウェイファーラーの名前を引き継いだだけのことはありますね。

正直な話、どちらも同じぐらいお顔に馴染みやすく魅力的なフレームなので、名前を間違って買ってしまったとしても後悔はしないと思います。

不動の人気でクラシカルなウェイファーラーと、現代っぽいシャープなニューウェイファーラー。

お好みのシェイプは見つかりましたか?

次回は、この2つのフレームをより深く個別に解説していきましょう。

 

 

ミナミメガネではRay-Banの新作等、続々と入荷しております

当店では、新型から歴史のある型番まで幅広く取り揃えており、サングラス、メガネ共にお取扱いさせて頂いております。
常時レイバンのアイウェアは250本以上取り揃えておりますので、是非店頭で試着して見て下さいませ。

 

絶大な人気を誇るレイバン、新作等が入りましたら、ブログやインスタ等であげていきますので、是非チェックお願い致します。

Ray-Ban(レイバン)ブログ

当店ではレイバンのライバルとも言われるイタリアの『Persol(ペルソール)』もお取扱いさせて頂いております。
気になる方はこちらからどうぞ

Persol(ペルソール)ブログ

是非当店で、アメリカのレイバン、イタリアのペルソールを掛け比べて下さいませ。

レイバンの純正度付きレンズもオススメです

レイバン純正度付きレンズブログ

スタッフ募集

-Ray-Ban(レイバン)