OAKLEY(オークリー) メガネコラム

【徹底分析】ロードバイクやトライアスロンにおすすめのサングラスブランドって?

【徹底分析】ロードバイクやトライアスロンにおすすめのサングラスブランドって?

徐々にユーザーが増え、人気スポーツとして確立してきている自転車競技の「ロードバイク」。

趣味として楽しむ方から本格的に取り組んでいる方まで、実力を問わず楽しめるスポーツですよね♪

今回はそんなロードバイクには欠かせない、おすすめのサングラスブランド「オークリー」をご紹介します!

  • オークリー以外のブランドではダメな理由!
  • サングラスの必要性
  • おすすめのモデル

など、ロードバイク用サングラスを考える上で必要な情報を、眼鏡屋からの視点でお伝えしていきましょう。

もちろんサイクリングやトライアスロン、自転車好きの方も必見となっております!

ぜひ最後までご覧ください♪

 

※当店は「オークリーの正規取扱店舗」です。
人気ブランドだからこそ偽物も多いオークリーですが、ミナミメガネでは本物のみを取り扱っております。
通販でも承っておりますので、県外の方でもお気軽にご注文くださいませ。

 

 


スポンサーリンク


自転車には「サングラスが必須」なんです!

ロードバイク

ロードバイクをしている人はよくサングラスを着用しているイメージですが、一体どんな理由で着用しているのでしょうか?

初心者は車体のカスタムばかり気になってしまいますが、実際に長距離を漕ぎはじめると、意外にも「目の重要性」に気がつくと思います。

さらに眼鏡屋視点で、長期間自転車を漕ぐことによる身体的な被害についてもお話ししておきましょう。

 

「目の乾燥」と「虫除け」に必須!

ロードを漕いでいて「ヤバい!サングラスが欲しい!」ってなる一番の理由がこれ!

裸眼でスピードを出していると、目が乾燥してとても痛くなってきます。とくに冬場はキツイ。

ドライアイは目薬で症状を抑えることもできますが、それでも慢性的に続くと物が見えにくくなったり、角膜が傷ついてしまいます。

また、一度でも虫爆弾を食らった人はあの強烈な痛みを忘れることができないでしょう。

 

砂埃、飛び石、破片

正直、目の乾燥も怖いのですが、それよりもトラックなどから落ちてくる砂埃がかなり危ないのをご存知でしょうか。

とくに鉄粉は一度目に刺さると自然には抜けない場合があり、長期間にわたって目にダメージを与え続けます。

これで知り合いが一人、もう少しで失明寸前の危険な状態になっていました。

怖いのがその場ではなんともなくても、様々な要素が引き金になって数年後に目の病気として現れること。

ロード乗りにとってサングラスというのは、その場しのぎのファッションではなく、長期的に自分を守ってくれる最後の砦なんですよね。

 

目の病気は紫外線からも・・・

年々、紫外線が強くなってきているのを感じませんか?

そうなんです!

数年前とは違って、日差しの強い日だけじゃなく薄曇りの日でもかなり目が疲れる、、、みたいなことが増えてきています。

ましてや長時間、そして長距離走行するケースが多いロードバイクでは、紫外線が大敵になってくるのです…。

少しドキッとする話をお伝えしますが、

  • 目が疲れやすくなる
  • 白目の充血
  • 強い目の痛み

こういった症状はジワジワと目を蝕んでいます。

「サングラスを掛けてるから平気だよ」という方、そのレンズはUVをしっかりとカットできていますか?

ファッション用として売られているものの中には、明らかに能力の低いものがあるため注意が必要です。

 

サングラスが必須な理由

結局のところ、目は様々な弱点を持っています。

そして目は一生物。

一度視力を失ってしまったり、失明してしまうと元には戻らないケースが多く、徹底的にガードしておくしかないのです。

とくに自転車は、バイクでいうところのフルフェイスヘルメットやバイザーがないため、自衛のためにサングラスが必要になるわけなんですね。

たまに裸眼で飛ばしている人を見かけますが、本当に危険なので止めたほうがいいと思います。

 

”正しい”サングラス選びのポイントは?

ロードバイク

サングラスと一口にいってもたくさんのブランドがあり、レンズ、フレーム素材、予算などを考え始めるとキリがありません。

そこで今回はメガネ屋という目線から、ここを押さえておけば大丈夫!というポイントをご紹介しますね♪

 

フィット感とズレにくさ

やっぱり快適な着用感で大切な部分としてまず挙げられるのは、「フィット感」と「ズレにくさ」。

スポーツブランドでアイウェアを販売しているところは、海外ブランドであることが多くて、日本人には掛けづらいものもたくさん。。。

海外仕様モデルは、日本人の私たちが掛けると鼻の高さが合わず、ちょっと真下を向いただけでもズレるモデルもあります。

安くない買い物なのに、ここでの失敗はもったいない…!

大事なのはアジア人の鼻に合わせてくれている「アジアンフィットモデル」を購入すること。

もしくは、国産ブランド(ほとんどが鯖江製)のフレームを買えば問題ありません。

可能であれば実際店頭で着用し、締め付け感や痛みなどがないかも確認した方がいいでしょう。

 

どれくらいの強度を備えているか

スポーツモデルのサングラスと、ファッション用のサングラスの大きな違いは「レンズの強度」。

同じプラスチックレンズといってもランクがあり、スポーツ用は主に割れにくい素材が使われているのです。

店頭で「これとこれ、見た目は同じなのに値段が違うのはなぜ?」みたいな質問を受けることがありますが、大体の商品は素材ランクで決まっています。

とくにロードバイクはスピードも出るし、車道では危険と隣り合わせです。

万が一、を考えるとランクの高いものを選んでおくことが大事でしょう。

 

ということで、世界最高峰のオークリー一択になります

あまり一つのブランドばかりを紹介するのはどうかと思うんですけど、スポーツ用のサングラスとなるとオークリー以外に選択肢がない状態です。

国産ブランドでも頑張っているところはあるのですが、それでも首位独走というか、レンズの開発力が違うというか、要するに他のブランドでは敵わないんですよね。

とくにロードバイクはスピード、一瞬の判断力、広い視界、が必要なハードスポーツなので、オークリーの出番なわけです。

 

サングラスなら世界基準の「OAKLEY」が一番!

OAKLEY

ロードバイクを楽しむ方が抱える全てのお悩みを解決するのが、世界の「OAKLEY(オークリー)」!

オリンピック選手やスポーツ好きに長年愛されているブランドで、ロードバイクのみならず野球やゴルフ、アウトドアなどあらゆるスポーツにおすすめです。

アメリカ発のスポーツブランドですが、「アジアンフィットモデル」も多数展開しています。

そんなオークリーのサングラスは、

【レンズ特徴】

  • 他社を圧倒する割れにくい最強レンズ「プルトナイト素材」を使用
    (プルナイトとは、オークリーが特許を取得しているプラスチック最高クラスの耐久素材)
  • 極限まで視野の歪みをなくした「HDO技術」を用いている
    (HDOとはオークリー独自の高機能レンズを実現させる技術の名称)
  • コントラストをはっきりさせ、裸眼に近い自然な見え方を実現させる「プリズムレンズ」

【フレーム特徴】

  • 一般的なスポーツメガネよりも圧倒的に軽く、2倍の耐久性を持つ自社開発した超軽量特許素材「オーマター」
  • テンプルには、汗や雨などの水分を吸収することでフィット感が増す特許素材「アンオブタニウム」を使用

と、とにかく凄いんです!!!

フレームやレンズの素材にまで研究を重ねて作り上げたサングラスは、他のブランドでは代用できません。

もう完璧と言い切っちゃっても大丈夫なくらい。

圧倒的な「機能性」と「デザイン性」で世界にも認められたオークリーが断然オススメです。

 

プロも愛用する「ジョーブレイカー」が機能的すぎる!

ジョーブレイカー着用画像

そんなオークリーのなかでも1番ロードバイク向きなのが、「JAW BREAKER(ジョーブレイカー)」というモデルのサングラスです。

ブランドにとっても「最高傑作」と言える出来映えで、

  • 広範囲な視野が保たれた「レンズ幅」
  • 効率的にレンズの曇りを軽減する6か所の通気孔「ベンチレーション」
  • ズレにくい「アジアンフィット仕様」
  • テンプルの長さの調整が可能で、ヘルメットとの緩衝を和らげる「アジャスター」
  • シチュエーションに合わせてレンズ交換可能な「スイッチロックシステム」

と、スポーツ専門のブランドだからこそユーザーに寄り添った作りをしているんです。

 

OAKLEY「JAW BREAKER」OO9270-04

OAKLEY「JAW BREAKER」OO9270-04 ¥26,488-(税込)

あと、細かいところですが、フレームの下の部分で少しカーブしていますよね?

これって頬骨が高い方でもしっかりフィットするようにデザインされているんです。

凄すぎる…。

これでオークリーが一強な理由、分かりましたよね?

もうほかは比較にならないんです。

ぜひ、この高性能で完璧すぎるジョーブレイカーで、快適な走りをしてみませんか?

▼「JAW BREAKER」の色違いを見てみる
当店オンラインショップへ

▼より詳しい解説記事はこちら
オークリーのブランド力を上げた伝説のサングラス「JAW BREAKER」を徹底分析!

 

オークリーで人気のバイク用サングラス3選

実はジョーブレイカーの他にも、魅力的なモデルが潜んでいるのがオークリー。

これだから他ブランドに移れないんですよね!

豊富なラインナップがある中で、ロードバイクにピッタリなサングラスをご紹介していきましょう♪

 

「PLAZMA」

OAKLEY(オークリー)PLAZMA(プラズマ)OO9019A-0259

OAKLEY「PLAZMA」OO9019A-0259 ¥23,320-(税込)

カクカクしたフレームデザインが唯一無二の「PLAZMA(プラズマ)」。

実は、惜しまれつつも廃盤となってしまったレーシングジャケットを基に設計されています。

オークリー好きはご存じかもしれませんが、レーシングジャケットは高性能なのに、かなり攻めたデザインだったんです。

そこで。

コア向けなデザインから、より多くの人が掛けやすいデザインの「プラズマ」が誕生しました!

もちろん見た目だけでなくって

  • 縦幅があり、しっかり目を守ってくれるレンズ幅
  • 雨や汗をかいても滑らず、よりフィット感が高まるイヤーソック

も追加され、性能の良さがレベルアップ♪

当店でもプラズマを取り扱っておりますが、在庫が残り僅かなので気になる方はお早めにご覧ください。

▼当店オンラインショップへ
オークリーの「PLAZMA」を見てみる

 

RADER LOCK PATH

OAKLEY「RADER LOCK PATH」OO9206-5138

OAKLEY「RADER LOCK PATH」OO9206-5138 ¥37,752-(税込)

シャープな見た目がかっこいい「RADER LOCK PATH(レーダーロックパス)」。

レンズの切れ目がない1枚レンズだからこそ、ストレスのない視界に。

  • 頭部を包み込むようなフィット感
  • テンプルにある「エアフロー(穴)」で発汗時も快適
  • ズレにくいアジアンフィットモデル
  • 頬骨が高い人にもストレスのないレンズのカーブ

やっぱりスペックには抜かりがないですね!

スマートな見た目はおしゃれを楽しみたい方にもオススメです。

▼レーダーロックパスの全ての商品を見てみる
当店オンラインショップへ

 

FLIGHT JACKET

OAKLEY「FLIGHT JACKET」OO9401-0237

OAKLEY「FLIGHT JACKET」OO9401-0237 ¥27,808-(税込)

上のフレーム部分を取っ払った「FLIGHT JACKET(フライトジャケット)」。

一押しのジョーブレイカーと同じ形で、性能の良さも同じなんです。

ロードバイクに乗って前方を向く際に、この上のフレームが無いことで視界の広さをより感じていただけます。

ジョーブレーカーの良い部分を引き継いだモデルですね♪

▼こちらのサングラスは当店でもご購入いただけます
OAKLEY「FLIGHT JACKET」をチェック!

 

よりいい見え方にこだわるなら「偏光レンズ」も!

オークリーのプリズムレンズ

視認性を高めてくれる「偏光レンズ」をご存じですか?

レンズに特殊なフィルムを挟むことによって、眩しさを軽減してコントラストをクッキリさせる機能レンズです。

偏光モデルはレンズの性質上、かなり値段が高くなるのですが、一度掛けたら普通のサングラスには戻れない快適さがあります。

プロの方なんかはほぼ全員と言ってもいいほど偏光レンズを搭載しているんだとか…。

より完璧な視界を手に入れたい方は、偏光のサングラスを選びましょう♪

▼ミナミメガネのオンラインショップへ
オークリーの偏光サングラス一覧はこちら

 

まとめ

今回は、ロードバイクやトライアスロンなどの自転車競技におすすめの、オークリーのサングラスをご紹介させていただきました。

オークリーが特許を取得しているレンズやフレーム素材に加え、

  • ジョーブレイカー
  • プラズマ
  • レーダーロックパス
  • フライトジャケット

のそれぞれのモデルの魅力を感じれるサングラスばかりでしたね!

ぜひ快適な走りをより良いものにするためにも、サングラスを掛けて楽しんでください。

 

Ray-Ban×木村拓哉新ブランドキャンペーン着用モデルの情報です!

 

-OAKLEY(オークリー), メガネコラム